2010年01月21日

民主「怖い小沢問題」語らず…渡部氏だけ悪代官呼ばわり(スポーツ報知)

 鳩山内閣が初の予算審議に臨む第174通常国会が18日、召集された。民主党の小沢一郎幹事長(67)の資金管理団体の土地購入をめぐり、元秘書の衆院議員・石川知裕容疑者(36)らが逮捕された直後で大荒れが予想される。鳩山首相は党内の結束を呼びかけたが、前党最高顧問の渡部恒三衆院議員(77)は、小沢氏を悪代官呼ばわりし、沈黙する党議員にダメ出しした。
「親・小沢」で結束する民主党議員への怒りで、渡部恒三氏は声を荒らげた。「思ったことを言えないのは…徳川(江戸)時代だって、言ってたじゃねえがよ! 農家も『こんな悪代官のもとでは生きていけない』と」。18日午前の代議士会後に取材に応じ、コウゾー節で切り裂いた。

 自民党時代は「竹下派七奉行」を形成した盟友で、小沢氏を「いっちゃん」と呼ぶ間柄。小沢批判が出ないことに警鐘を鳴らす。「ロッキードの時もリクルートの時も佐川急便の時も、若い諸君(議員)が活発な意見を言ってしかられたもんだ」。

 恒三氏の指摘通り、党議員は相変わらず口にチャック。小沢ガールズやチルドレンはもちろん、かつてはメッタ斬りさせれば右に出る者はいなかった田中真紀子氏も「(国会では)まず予算を通すことと、懸案の諸政策の審議を速やかにすること。ほかのこと(小沢問題)については、それはそれとして、国会が機能することがベスト。以上です」と言ったきり、早歩きで「話せない」を連発。

 チルドレンの中でほとんど唯一、横粂勝仁氏が口を開いた。弁護士である同氏は、現時点での説明責任は果たしているとした上で「現状では国民が納得するのは難しい。説明責任は順次発生する。身の潔白を説明している幹事長自身が(今後も)真摯(しんし)に説明していくと期待しております」と答えた。

 【関連記事】
小沢氏「国民必ず理解」幹事長続投の決意示す
内閣不支持が初めて支持を上回る…共同通信社世論調査
大仁田氏、小沢問題に便乗失敗 嘆願書持参も門前払い
小沢幹事長「お騒がせして大変恐縮」

韓国コスメ続々日本上陸 実は「安くて品揃えが豊富」(J-CASTニュース)
160区間の割引切符を廃止=「東京-青森」回数券など-JR東(時事通信)
小池百合子氏「自民党幹事長なら、即死」と小沢氏批判(スポーツ報知)
共産党、第25回大会が開幕 米大使館から来賓出席へ(産経新聞)
小沢氏、首相と会談…議員ら逮捕で対応協議か(読売新聞)
posted by モモセ マサタダ at 22:47| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

公用パスポート悪用か 警視庁が捜査員派遣 偽装日系比人の密入国事件(産経新聞)

 日系人を装って不法在留したとして入管難民法違反の疑いで警視庁などに逮捕、起訴されたフィリピン人らが、現地に住むブローカーのフィリピン人の女(48)について、「公用旅券を持っていた」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。警視庁などは、女が公用旅券を悪用して頻繁に日比両国を行き来し、不法在留を手引きしていた疑いが強まったとして17日、女が住む現地に捜査員を派遣した。

 公用旅券は公的機関の職員などが公務で渡航する際に使用する特殊な旅券で、警視庁などが女の渡航歴を調べたところ、約5年前から、数十回にわたって来日していることが判明。1回あたりの滞在期間は数日間から1年以上とさまざまだったが、昨年1月ごろに日本を出国。現在は比国内に潜伏しているとみられる。

 捜査関係者によると、逮捕された複数のフィリピン人がブローカーとして女の名前を挙げ、「女は公用旅券を持っていた。女は『日本のフィリピン大使館で働いている』と言っていた」と証言したという。フィリピン人らは、報酬として1人あたり約200万円を支払っていた。

【関連記事】
日本男児もメロメロ 比オカマちゃんの魅力って?
フィリピン、57人惨殺で被告の州知事の息子が無罪を主張
客船沈没で死亡・不明26人 フィリピン
未成年フィリピン人、目立つ犯罪「地域の受け入れを」
フィリピンの水族館にサンタダイバーが登場

小沢氏、記者団に「何も職を辞する必要もない」(産経新聞)
将棋 王将戦開幕 久保が先手番(毎日新聞)
<掘り出しニュース>県庁トイレに広告いかが? 栃木県が苦肉の策(毎日新聞)
小沢氏は必要に応じて説明を=検察の事情聴取要請で-鳩山首相(時事通信)
雅子さま、震災被災者への思い強く 地方への公式訪問は2年ぶり(産経新聞)
posted by モモセ マサタダ at 14:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

バイオ後続品の共同開発で提携交渉―日医工(医療介護CBニュース)

 「大型低分子化合物の特許切れ品目数が減少する中で、今後はバイオ後続品に取り組んでいかなければ生き残れない」―。国内後発医薬品最大手の日医工の田村友一社長は、1月15日の昨年11月期決算会見で、バイオ後続品の共同開発に向けた提携交渉を進めていることを明らかにし、「一定のめどを感じている」と述べた。

 日本に参入している大手外資系後発品メーカーがバイオ後続品の分野で取り組みを強化しており、田村社長は「大手と競合する中で、そういった品目が必ず必要」とした。

 また新営業体制について、250人のMR(医薬情報担当者)を、病院の薬剤部を中心に薬剤の新規採用を促す「DPC担当」に100人、卸会社のMS(医薬品卸販売担当者)に対するアプローチのための「卸担当」に100人、MSへの学術支援に携わる「学術担当」に50人、それぞれ割り振る考えを示した。

■大幅な増収・増益―通期決算

 通期決算は、売上高が548億円(前期比27.9%増)、営業利益が62億円(20.7%増)、経常利益が61億円(12.5%増)、純利益が38億円(9.3%増)と、大幅な増収・増益となった。今期は、売上高635億円、営業利益66億円、経常利益65億円、純利益38億円を見込んでいる。


【関連記事】
後発品大手3社は1割強の増収―4-9月期決算
第一三共の米子会社、ジェネリック注射剤メーカーを買収
興和テバが後発品準大手の大正薬品を買収
品質、安全性の情報提供システム稼働へ―09年回顧と10年の展望 日本ジェネリック製薬協会・澤井弘行会長
「後発品拡大スピードはやや低調」―日医工

宇宙から被災地にエール=野口さん、阪神大震災15年前に(時事通信)
代表質問は19日で合意(産経新聞)
<志位委員長>オバマ大統領に会いたい 党大会でラブコール(毎日新聞)
強盗傷害事件の取り調べDVD、法廷で再生へ(読売新聞)
警視総監に池田氏=米村氏が勇退(時事通信)
posted by モモセ マサタダ at 04:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。